店舗の紹介

松崎牧場
松崎牧場は畜産経営の優れた技術と功績を認められ、
平成21年度農林水産大臣賞(財団法人日本農林漁業振興会)を受賞いたしました。そして、さらに2010年10月、大臣賞を受賞した全国の約500の者の中から、最も優れた者に授与される、平成22年度(第49回)農林水産祭天皇杯の受賞が決定いたしました!
詳しい受賞理由などは農林水産省のホームーページに掲載されていますので、ぜひご覧ください。

牛舎の牛たち

はれの国、岡山で育まれる
松崎牧場は、瀬戸内海に面した、岡山平野にあります。岡山県は『はれの国・岡山』と称されていますが、温暖で日照時間が長いことは、健康で質の高い乳牛を育てるためにとても重要です。『はれの国・岡山』にある松崎牧場は、大変恵まれた環境を享受しています。

酪農50年の伝統
松崎牧場は、3代続く伝統に裏打ちされた酪農家ですが、現在、若き酪農家ノリユキが、『ミルク・クオリティ(乳質)』に徹底的にこだわった酪農を展開しています。松崎牧場の牧草作り
松崎牧場では、牧草を育て、これを乳牛に与え、自家堆肥を作り、これを土地へ戻しまた牧草を育てる、といった自然環境の維持に配慮した循環型の酪農スタイルを固守し推進し続けています。

ノリユキと牛

松崎範之 (ノリユキ)

1973年 岡山県生まれ
昆虫や動物が大好きな子供時代を過ごす。
1994年 酪農大学校卒業後に就農
2005年 日本ホルスタイン協会認定ジャッジマン
に、難関を突破して選ばれる。
2007年 ジェラート店「ジェヌイーノ」1号店を開店。
ジェラートをとおして生乳の魅力を伝える。


現在、日々の酪農を営みながら、さらなる酪農技術と経営の向上のために奮闘中。2010年の乳牛共進会全国大会を目指す。

やるからには1番になる

ノリユキの決意

動物図鑑を夢中で読んでいた少年は、やがて牛に惚れ込む大人になった。

『やるからには一番になる。』
それがノリユキの信条だ。ノリユキ

2010年9月23日に行われた乳牛共進会(岡山県おからく備前地区)の秋の大会で、ノリユキの乳牛が出品した3クラスのすべてで、見事にチャンピオンに輝きました。
乳牛共進会

GENUINO店舗のご紹介

Pocket